クリーム洗顔

Q.洗顔クリームで大事なことは?A.それは「こすらない」こと

asc west 店長 原田ビューティセラピストの原田です。赤池クリニックやサロンではお客様が最初に訪問していただいたときに洗顔指導を行います。それは“スキンケアの基本は洗顔”として、洗顔を重視してきたからです。

洗顔で一番大切なことは洗顔のときに「こすらない」ということです。ゴシゴシ洗いは大切な自家製保湿成分をこすり落としてしまい、乾燥や肌荒れを引き起こしてしまいます。そうなると、あとに続くお手入れも無駄になってしまいます。乾燥肌や敏感肌の方がゴシゴシ洗いをすると、さらにひどくなってしまうんです!

赤池クリニックでも乾燥肌や敏感肌が増えていますが、ほとんどが洗いすぎ、こすりすぎが原因の自称乾燥肌・敏感肌です。そしてさらに怖いのは、乾燥してシワになったり、炎症が続くとやがてはシミ・くすみになってしまうことです。

乾燥肌・敏感肌の原因は?

●うるおい肌の再生の決め手とは?

お肌が本来持つ“自家製の保湿成分”は大変優秀で、どんなに研究された薬やどんなに高価な化粧品でも、その保湿成分の1/100くらいの力しかないんですよ。これをこすり落として、保湿クリームを塗るなんてほとんど意味がないのです。落としてしまって与えるのではなくて、自前の保湿成分をこすり落とさないスキンケア(クレンジングと洗顔)が、うるおい肌再生の決め手なのです。

角質の保湿成分

●肌本来の保湿力

「肌が乾燥して粉を吹く」「肌がつっぱる」「皮脂が多くテカテカする」これは、洗いすぎ&こすりすぎが原因です。間違ったスキンケアでかえって肌を傷めています。ですがご安心ください。正しい洗顔を行っていただくと、短期間で肌質は改善します。

角質の保湿成分


asc at homeのクリーム洗顔は、洗顔なのに洗い上がりがしっとりなめらか。天然保湿成分を落とさずに汗や皮脂だけを吸着し、お肌のくすみの原因となる古い角質や汚れを優しく落としてくれます。

asc at homeクリーム洗顔の特徴

トラブル時のお肌でもスッキリ洗顔していただけるように、低刺激かつ余分な皮脂を落としてくれる成分を配合。超敏感肌でも安心して洗顔できます。乾燥肌や敏感肌、アトピーといったトラブルがある時に真の力を発揮するクリーム洗顔。

 

 

商品ラインナップ

クリーム洗顔

asc at home クリーム洗顔
内容量:200g

一般肌はもちろん、乾燥肌、敏感肌の方、アトピーの方にオススメ!

【成分一覧】水、グリセリン、BG、フェニルトリメチコン、スクワラン、ホホバ油、ポリソルベート60、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、オリーブ油、ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアリン酸、ステアリン酸ソルビタン、セタノール、ベヘニルアルコール、グリチルリチン酸2K、アラントイン、クインスシードエキス、ポリグルタミン酸、ポリ-γ-グルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na、アロエベラエキス-1、クロレラエキス、カッコンエキス、フェノキシエタノール、1・2ヘキサンジオール、カプリリルグリコール

 

 

通常価格:3,240円(税込み)

通常購入する


定期お届け価格:3,078円(税込み)
5%OFF・送料無料・代金引換手数料無料

定期購入する

定期お届けは2カ月に1回、自動的にお届けするサービスです。詳細はこちら≫


特定商取引法に基づく表記 (返品など)≫

商品ラインナップ

アクアオイル

クリーム洗顔に最適なメイク落とし

asc at home
こすらないメイク落とし

洗い上がりがしっとり潤うメイク落とし。肌にやさしくなじみ、汚れ、毛穴の黒ずみをすっきり落とします。植物由来の成分が肌にうるおいを与え、肌を健やかに保ちます。乾燥や年齢が気になる肌を整えます。

無香料・無着色・パラベンフリー

■100ml 3,240円

通常購入する

 
クレイテックマスク

毛穴の黒スミが気になる方に

クレイテックマスク

クレイ(カオリン)配合の洗い流すタイプのコンディショニングパック。カオリンの細かい粒子が、毛穴に詰まった皮脂を吸着します。また、肌の乾燥を防ぎ、肌にうるおいを与えます。マイルドなスクラブ洗顔としてもお使いいただけます。

商品番号:002-0014

■150ml 9,720円

購入する

商品ラインナップ

商品ラインナップ

メイク落としと合わせてお使いください。お化粧をしたまま顔は濡らさずにオイル(100円玉ぐらい)をそーと顔全体になじませ、メイクを浮かせます。※オイルはメイクの汚れを浮かせてくれるのでポイントメイクもバッチリ!
クリーム洗顔を1回に2PUSH、手のひらになじませ顔を包むような感じでなじませます(泡立ちません)
ある程度なじんだら、こすらないように洗い流しましょう。洗いすぎには注意してくださいね!

★「こすらない」ワンポイントアドバイス
「こすらない」は、洗顔に限らずスキンケアで共通の約束事です。洗顔した後タオルで顔を拭くときも、化粧水をつけるときもこすることは、禁物です!